FC2ブログ

milkey way*゜

FF7が大好きすぎる、レイヤー^^

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

やっべムネアツーww 

あんねに画像を加工してもらったら、すごいことになったwwwwwwwwww
わたしの求めていたものを的確に表現してくれてありがとうううううっっっ
わたしの中のFF7という作品に対するイメージって、割と強いと思うんです。
だから、撮影とかでも少し、欲張りになってしまう。
そうすると、自分の技術が追いついてないものだから、「なんか物足りないんだよなぁ…」と思って終わることが多々ありました。
それで、むしゃくしゃしたり。笑
求めるものにたどり着けなくて、苛々して。
私の中で、コスプレって、本当に大きな存在なんです。
私の中で、コスプレって、作品作りだなあと最近本当によく感じます。
そして、それを自分の力量で表現しきれないのが本当に悔しい。
そんなところに、あんねはわたしのできない、そしてわたしの求めていたことをしてくれたものだから、本当に……あんねありがとう><><
わたしとあんね、二人とも「FF7」という作品が大好きだからこそ、できた作品ではないかと思います。
「そこは、ライフストリームっぽくお願い」とか、「エアリスのあの、はかない感じで」とか。
抽象的でも伝わるからこそ、そう思います。

そんな作品なんですけど、「ためしにこれやってみてよ!!><」なノリでやってもらったものw

FF

写真*アトムさん


やばい…!ちなみに、これが「ライフストリーム」のように。
色合いが、ライフストリームみたいに、本当に作ってもらって……
感動のあまり、「すごい」と「ヤバい」と「そう!これなんだよ…!」しか言葉が出ないwww
もう本当、感動した…!!!

FF

エアリス*きりちゃん
写真*あおい

あんねと二人で「ここをこんなふうにして…」と話し合って、作ってもらったw
ヤバい…!!めっちゃエアリス…!!きりちゃんのエアリス、本当大好きなんですよね><
生前の、あのやさしいエアリスをとても感じるんです。



わたしが良く言う、「レノになりたい!!」って言葉。
レノになんとしても近づくために、アドベントチルドレンを何回も何十回も見たり、1シーンのレノの目の形を見ては化粧を練習したり、さまざまな工夫を重ねました。
大好きなレノの「姿」になって、「レノ」に会う。これがわたしの中の、至上の喜びなんではないかな、と感じます。

あまり周りの人には理解されませんけど(笑)よく「わたしがレノの恰好をして、レノに会いに行って、『レノみてみてーv』ってやったら、レノが『あおい……カッコいい……/////』みたいに言ってもらえたらすごくうれしい…!」とかいうアレ。笑

そもそも、わたしの体形ってのは、レノをするには全く持って不釣り合いな体系なんですよ。
なで肩だし。目の形は、お世辞にもレノの目の形に似ているとは言えない。
なぜかというと彼はネコ目で、わたしはどちらかというと米粒の形だから。笑
そして二重ではなく、奥二重で、末広型だから余計に違う。
でも、「元の形が違うから…」とか、あきらめるのは一番いやだったんです(笑)
なんか、負けた気がして。
基の形が違うからこそ、明らかに真似をできない体形だからこそ、似せることができたときの喜びがすさまじくて。「レノみてみて!わたしこんなにレノに似せれたんだよ!」みたいな。笑
俺の恰好をしているあおいかっこいい=俺かっこいいなナルシストレノもかわいいと思うんだが(笑)

始めてからずっと、だいたい2~3年たちますけど。ずっとレノをしています。今現在も。
一時期は本当に、レノをできること、レノのメイクに近づけていくことが本当に楽しくて。
回数を重ねるごとに、レノの顔に似てくる自分がうれしくて、月に5~6回レノだけをしていた時ももちろんありました。笑
頻度としてはレノ、レノ、レノ、レノ、別のキャラ、レノ、レノ、レノ、レノ、別のキャラ、な時もありました。笑
メイクは雑誌を読んで、どんなメイクをしたら、わたしのもとの形の目があの目の形っぽくみえるだろうか。
一時期、まあいわゆるスランプの時期なんですけどww
「おま、趣味ごときでなんでそんなに悩んでるのw」ってくらい、悩んだ時期がありました。笑
どんなに頑張ってもレノに似ない。あらゆるメイク法を試しても、ウィッグを少し変えてもちっとも似ない。
「なんで似ないんだろう。」「わたしは、本当にレノになってしまいたい。でも、ちっとも似ない。全然ちがう。」
あほらしいと思われるかもしれない。それでも、わたしの中で「レノ」ってのは、本当に存在が大きいんですよね。笑

自分もレノで、目の前にいるのもレノ。レノの一つになってしまいたいんだけど、レノと関わっていられる幸せ。
レノとお揃いで居られる幸せ。だから、同じっていうよりは、限りなく等しいに近い存在になりたいのかもしれない。
とにもかくにも、レノになりたいにも関わらず、全く反映されていない。
こんなにもたくさんやっているのに。こんなにも努力しているのに。何が悪いんだろう。わたしに足りないものはなんなんだろう。
すっごく悩んで、むしゃくしゃして、ちょっとネガティブで落ち込んだ時期がありました。笑
コスで、彼を表すことが、わたしの彼に対する敬意なんですよね。
だから、本気で落ち込んだんです。それはもう、眠る時間も惜しんで悩むくらい。
どうしたらいいんだろう。何が足りないんだろう。目の形?ウィッグ?衣装?武器?
確かに顔は違う。顎のラインがわたしのがベース型で、確かに違う。目の形も、若干違う。これってどうしたらもっとレノっぽくなるんだろう。どうしても、レノっぽくならない。
そして、アドバイスをもらってやっと、自分の表情が足りないんだなと、気が付くことができました。笑
ドヤしかしていない。笑
そりゃ似るはずもないわけで。笑
だって、ACでレノは、常にドヤってるわけじゃないんだから。
となると、写真のことも、考え直さないといけない。
常にカメラ目線は、ACという作品にはならないんですよね。

あのすたれたような、それでいて都会的な。
死と生を感じさせるような。
レノ特融の、ダルさと、本編だったらある一種の怖さを感じさせるような。
凄み、「タークス」という仕事、いつも仕留めることのできない、「上手な存在」。

ドヤじゃ、表現できないんですよね。
そこから、カメラに関しても興味を持つことができるようになったんです。
そして、できれば自分の「作品」作りは、自分の手で撮りたい。
自分の思いって、イメージって、自分でしか伝わらないんだなあ……と、結構思う。笑
作品をもとから知っている人とかだと、すごくいいものができるんですけど(笑)
知らないのかな…って人だと、「一般的」な怖さになってしまう。
わたしの知っている「凄み」を、共通しきれてないのかな?と思った。

それでも、写真をどんなに頑張っても、まだまだ設定も不慣れなところがあるので、結構先は遠いです。笑
その過程が楽しいんですけどね。笑

スカイプしながら記事書いてたら、わけわかんなくなってきた。
とりあえず、これからもレノ頑張っていきたいな~!


今度から、いい写真撮れたらあんねさんと相談して作品作りたいと思った…!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://owachi.blog28.fc2.com/tb.php/49-6be06c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。